Featured image of post pfSense 2.5.2 で SWAP uage が異常に高かったので調べて対策した

pfSense 2.5.2 で SWAP uage が異常に高かったので調べて対策した

弊宅ではインターネットの抜け先をcloud上に冗長化したルーターから実施しており、 pfSense を利用している。

先日メンテナンスのさいにSWAP 98% というヤバそうなのを見つけ、対応したのでメモ。

 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
11
last pid: 36094;  load averages:  0.36,  0.27,  0.24
64 processes:  2 running, 62 sleeping
CPU:  1.3% user,  0.2% nice,  1.5% system,  0.6% interrupt, 96.4% idle
Mem: 73M Active, 279M Inact, 322M Laundry, 188M Wired, 97M Buf, 74M Free
Swap: 1024M Total, 765M Used, 258M Free, 74% Inuse

  PID USERNAME    THR PRI NICE   SIZE    RES STATE    TIME    WCPU COMMAND
 8120 root          3  20    0  1144M   568M select  17:39   0.00% pcscd
49950 root          1  20    0   123M    71M select 119:08   0.00% bsnmpd
84963 root          1  52    0   103M    12M accept   0:02   0.00% php-fpm
  335 root          1  52    0   102M    13M accept   0:04   0.00% php-fpm

原因

pfSense 2.5.0 で service に追加された pcscd である。 PC/SC Smart Card Daemon と言うように Smart Card とやり取りするプロセスなのだが こいつがメモリーリークを起こしてる模様。

フォーラムで議論にもされており

起動時にプロセス起動しないようにすればオッケーとのこと

やり方は /etc/rc.bootup を ssh して開いて pcscd で検索 下記のうような項目があるので、

1
2
3
4
/* pcscd daemon must be started before IPsec */
echo "Starting PC/SC Smart Card Services...";
mwexec_bg("/usr/local/sbin/pcscd");
echo "done.\n";

コメントアウトすればよい

1
2
3
4
5
6
/* pcscd daemon must be started before IPsec */
/*
echo "Starting PC/SC Smart Card Services...";
mwexec_bg("/usr/local/sbin/pcscd");
echo "done.\n";
*/
最終更新 2024-06-09 15:03 UTC
Built with Hugo
テーマ StackJimmy によって設計されています。